【DAHON Curve D7カスタマイズ】DAHON Curve D11v2とは

P1060475

今年も気がつけば半年が終わろうとしている。信じられないけれども事実だw ここまでのDAHON Curve D11での走行距離は約1900km。このペースだと年間4000kmくらいか!?

DAHON Curve D7を購入したのは2014年4月。そしていろいろとカスタマイズをしてスペックが概ね定まったのが2014年暮れだった。

参考リンク↓

DAHON Curve D7とは

DAHON Curve D7で30kmほど試走してみた

DAHON Curve D11とは

スペックが定まったところでガンガンとサイクリングする予定だったが、2000kmに到達していないとは涙

それでも約2000km走ったので、いろいろと印象が変わってきた。今回はそのあたりをまとめてみて、これからカスタマイズをする人の参考になればと思う。

 

スポンサーリンク

DAHON Curve D7を11速化した時の問題点

DAHON Curve D11とは』という記事で上げた11速化したときの問題点は次の4点だった。

  • スピードがでない 16km/hくらい
  • 本当に軽いのか?10.2kg
  • コンパクトなのか?ドロップハンドルが邪魔
  • チェーンライン 11Tを使うとフレームと干渉する!?

それぞれについて再検証してみよう。

 


スピードがでない 16km/hくらい

P1060458

たしかにスピードがでない。これは事実だ。自転車の性能が変わらないならエンジン(=つまり自分の脚力)を変えるしかない。しかし、トレーニングをしているわけではないので、平均時速に激変はないw

50kmを走ろうとするときは3時間〜3.5時間計画。つまり、平均時速16km/hということ。20km計画ならもう少しスピードを上げて18km/hくらいで行けるけれどねw

16インチでスピードを出そうなんて間違いなんだ!

スピードをだしたいならロードバイクにすればよい。16インチで無理にスピードださなくてもいいでしょ!?下記の記事によると、自転車単独での事故が増えている。単独事故ということはスピード出しすぎて転んだとか?と推測している。

参考リンク→『自転車交通「死亡」事故の相手の推移をグラフ化してみる(2015年)(最新)

どうしても小径車でスピードを求めるならCapreo(カプレオ)を導入するしかないね。

参考リンク→『DAHON Curve D7を最速にするSHIMANO Capreo(カプレオ)とは?

 


本当に軽いのか?10.2kg

たしかに重量が10kgを切っていないのは悔しいw もう少しがんばれば(お金を使えば)10kgを切ることも不可能ではないが、ちょっと躊躇してしまう金額。おそらく100g軽量化するのに10,000円じゃあすまない涙

実際のところは10.2kgが10.4kgとなっているw

ハンドルポストを変更したのが原因だ!!!

参考リンク→『DAHON Curve D7のハンドルポストを伸縮タイプに変更してみた【その1パーツ紹介編】

200g近い重量増加となって軽くはなっていないが、輪行はしやすくなった!!

理由の一つは輪行バッグを購入したこと。カバーを止めたら、持ちやすくなって、畳やすくなって、運びやすくなった!!軽さを犠牲にしてでも手に入れたい利点!!

参考リンク→『輪行カバーはダメらしいのでDAHON Slip Bag 20″を購入してみた【その1】

もう一つの利点はコンパクトであること。これは大幅な改良となった!!!

 


コンパクトなのか?ドロップハンドルが邪魔

P1060467

ドロップハンドルが邪魔だったのだw 折りたたんでも角のように飛び出していた涙

DSC 2051

↑ツノ……ジャマだった

しかし、上記で書いたハンドルポストを変更したことで大幅に改良された!!!

 

DSC 2456 

↑コンパクトな折りたたみ

コンパクトになって、DAHON Curve D11v2の誕生だねw

参考リンク→『DAHON Curve D7のハンドルポストを伸縮タイプに変更してみた【その3折り畳み編】

 


チェーンライン 11Tを使うとフレームと干渉する!?

チェーンラインだけは未だにどうしようもない。11速を諦めて10速にすればクランクを変更できるので、状況はかわる。ギリギリセーフということで、変更をしていないw

2015年のDAHON Curve D7なら、フレームデザインが若干変更されているので、この問題はクリアできるかもしれない!ニヤリ

まとめ

  • スピードはだせない。→それは利点であると言い聞かせようw
  • 重い。→輪行バッグ導入で運びやすくなった
  • コンパクト。→ハンドルポスト変更で、完全に解消された
  • チェーンライン。→2015年モデルを買うしかないでしょ!?w

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。2015年モデルもそろそろ値下げ開始になるはず。買うしかないでしょw

Curve D7 16インチ 折り畳み自転車 マットブラック 2015年モデル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. としぼう より:

    ブレーキの事でちょっと質問させて下さい。
    僕のviscはブルホーン+ティアグラSTIの組み合わせです。
    現状はテクトロ926のアームレングス80ミリです。
    全くをもって問題はありません。
    ですが…
    いまいちブレーキが気に入らないんです。それにデザインも…
    そこでシマノのR573 アームレングス90ミリに交換してみようかと思ってます。
    管理人さんは確かR573ですよね?
    80ミリから90ミリにするとちゃんとブレーキが引けるかどうか知りたいんです。
    ぜひ取付した感じをお聞かせ下さい。
    こんな問い合わせで申し訳ありません。
    お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

    • Kei より:

      としぼうさん、いつもコメントありがとうございます。

      BR-R573と105 5800の組み合わせですがブレーキ制動力に不安を覚えたことは一度もありませんよ。調整はちょっとシビアですけれど。

      ブルホーンにつけているレバーにもよると思いますが……!?

      参考になれば幸いです。