DAHON Curve D7で3500kmほど走ったよ!

P1060356

 

今年に入って1,500km以上を走った。正月に2,000km突破のレポートを書いているので、通算3,500kmをDAHON Curve D7で走ったことになる。カスタマイズし過ぎで、もはや別の自転車!というツッコミは却下w

 

というわけで、皆さん待望の!?長期使用レポート。

 

【参考リンク】

DAHON Curve D7で2000kmほど走った感想【その2:スピード編】

DAHON Curve D7で2000kmほど走った感想【その1:コンパクトさと重さ編】

DAHON Curve D7で30kmほど試走してみた

 

 

スポンサーリンク

2,000km〜3,500kmでカスタマイズした箇所:ハンドルポスト

 

もっとも大きな変更点はハンドルポストを変更して、輪行性能を大幅に向上させたことだ!150gくらいの重量増だったが、このカスタマイズのおかげで、格段に輪行しやすくなった!!!

ドロップハンドルでもフラットのときとほとんど変わらない折りたたみサイズ!!!

 

参考リンク→『DAHON Curve D7のハンドルポストを伸縮タイプに変更してみた【その3折り畳み編】

 

輪行バッグの導入

P1060255

つい先日のことだが、輪行バッグを購入した。もっと早く購入するべきだった(^_^;) 120gくらいの重量増だが、それでも車体全体を覆うことができる安心感はとても大きい♪

参考リンク→『輪行カバーはダメらしいのでDAHON Slip Bag 20″を購入してみた【その2】

 

実は、それ以外に大きなカスタマイズを行っていない!かなり、想定していたスペックに自転車が近づいた証拠である! だから、ブログでカスタマイズ記事が少ないのかあw

 

3,500kmで調子が悪いと感じるパーツは?

シートポスト、シートクランプは不調を訴えることが多い。定期的にグリスを足さないと、走行中にキシキシと音がする。体重がかかっているところなので、ある日、「ポキン!」と折れてしまうかも!?

 

シートポストは買い替えの時期かな!?

 

交換した消耗品 

(記事にはしていないけれど)チェーンは新品に変更しました。いくらDURA-ACEでも小径車ではチェーンがグルグル回る回数が多いので、負担が大きいのだろう。

シフトインナーワイヤーは張り直しました。現在はJAGWIREを利用中。

バーテープを交換したのはつい最近のこと。50gくらいの軽量化に成功!

参考リンク→『DAHON Curve D7のバーテープをLizard Skinsに交換したよ』 

 

P1060429

↑予想以上にいい感じのバーテープ♪♪♪

 

フレームの剛性感は?

正直に言ってmade in chinaを発見した時は落胆した(-_-#) しかし、made in taiwanのDAHON Curve SLよりも明らかに剛性感がある。ヒンジ部分の改良がもたらしているのは間違いなし!!!

今購入で悩んでいる人へ、made in chinaでも新型を買おう!!」

なお、現在はDAHON Mu SLXなどの最上位モデルでもchinaです。

 

走行性能について

2,000km走行したときと変わらず。50kmくらいは快適に走れる自転車である。スピードは20〜25km/hが程よいのも変わらず。

 

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。次回は5,000kmかな!?輪行バッグの導入で途端に走行回数が増えたから、きっとすぐにも5,000km突破となりそう!輪行バッグ最高です♪