輪行カバーはダメらしいので輪行袋「DAHON Slip Bag 20″」を購入してみた【その1】

輪行、それは無限の可能性を秘めたサイクリストの必殺技!?

輪行バッグがあれば、旅先から自転車を袋にいれて、電車で帰宅することができる。または、どこか遠くの駅まで電車で行って、そこからサイクリングをスタートすることもできる。

つまり、公共交通機関を利用して自転車を運ぶことを輪行という。

 

輪行をしない折りたたみ自転車なんて、専用グラスでビールを飲まないくらいもったいないことだ。

 

スポンサーリンク

ざっくりいうと2種類の輪行袋:カバーとバッグ

今までは輪行袋には大きく分けて2種類あった。1つはカバー。自転車に布を上からかけるタイプ。簡単で軽量化しやすいが、タイヤが下側で露出している。露出しているのでbromptonなどの折りたたみ自転車は転がすこともできたが、電車内でタイヤが露出しているのはどうなのよ???

2つ目はバッグ。これは、重量も増えてかさばってしまうが、車体全体を覆うことができる利点もある。

 

で、JR線でカバーが禁止になっている!!!

 

輪行規定について 

詳しい輪行規定を調べていくと、主に次の3つがポイントであるように思える。

  1. 縦、横、奥行きの3辺が250cm以内。
  2. 専用の袋に収納する(ゴミ袋などはダメ)。
  3. 収納とは一部がはみだしていない。

 

【参考リンク】

JRおでかけネット

JR四国

ラカオッテの”DE ROSA R848で旅しよう!!”

 

カバーを利用すると3番目に引っかかる。収納していないことになってしまうのだ!!なんと!!

あーーー、どこかのバカがカバーで輪行して車内を汚したのだろうか。露出状態でヒンシュクを買ったのだろうか。いずれにしても、カバーは原則ダメ!

カバーを使って輪行をしても、駅改札で止められたことはない。しかし、原則ダメというルールがあるのを知った以上はバッグを使いたい。やっぱり車体の一部が露出しているのはイヤだ。

というわけでDAHON純正のSlip Bag 20″を購入した。

 

P1060246

↑DAHON Slip Bag 20″

 

購入時の注意点

一言で結論を言うと、


サイズを確認して緑色の紐がついているものを購入すること!!!

 

なんのこっちゃ???

説明をすると、DAHON純正の輪行袋はたくさんある。

↑こちらは緑紐の輪行バッグ。しかし、DAHON Dashシリーズ用でXLサイズ。

 

 

↑黄色の紐は旧式で輪行バッグではなくてカバーです。自宅保管用ならok!

 

 

↑DAHON Carry Bag。バッグだが、値段が異様に高い。生地が丈夫なのだろうか?人柱になるには高すぎるw

 

↑DAHON Stow-Away Bag。サドルバッグもついていて便利そうだが、カバーであると思われる(未確認)。

 

↑お、16インチ用!と飛びつくと、おそらくDAHON Curve D11のような改造車だと入らないかも。見た目は20インチ用とそっくりなので、購入時にはどちらかをしっかり確認したい。

 

というわけで、本命候補はDAHON Slip Bag 20″だが、使用方法についてはつづく

【参考】輪行カバーはダメらしいのでDAHON Slip Bag 20″を購入してみた【その2】

輪行カバーはダメらしいので輪行袋「DAHON Slip Bag 20"」を購入してみた【その2】
輪行カバーはダメらしいので輪行袋「DAHON Slip Bag 20"」を購入してみた【その2】
輪行をしない折りたたみ自転車なんて、専用グラスでビールを飲まないくらいもったいないことだ。 しかし、その輪行のための鞄はカバーじゃダメ!バ...

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。この輪行バッグがいい感じ♪なのはすでに記事にしていた(^_^;)

【参考】DAHONで行く輪行サイクリング【雷雨後の利根運河編】

DAHONで行く輪行サイクリング【雷雨後の利根運河編】
DAHONで行く輪行サイクリング【雷雨後の利根運河編】
今日の朝未明(夢の中での記憶は4:30am)、東京地方は信じられないような地震があった!!!ついに来た関東大震災!!!と慌てたが、実は、雷雨...

 

2016年になって16インチ用も発売された。軽いのかな!?