【DAHON Curve D7にぴったり】ミニベロに最適なキックスタンドとは?

結論から言うと、純正のセンターキックスタンド黒20インチを購入した。これでキックスタンド選びも最終回としたい。

 

スポンサーリンク

DAHON Curve D7に最適なスタンドとは!?

黒を基調としてデザインをしている私のDAHON Curve D7。キックスタンドも黒くあるべきだ。そして軽いものを選びたい。もちろんしっかりと安定したスタンドを選びたい……と要求レベルはかなり高い。なにはともあれ

 

  • 軽い
  • 安定している

 

の3つが条件だ!

 

DSC 8322

↑純正はシルバーのスタンドだった。これで黒なら完璧なのになぁ……と思って

 

DSC 8327

↑お手軽に済ますために黒スプレーで塗装をした。 

参考リンク→『DAHON Curve D7のキックスタンドを黒く塗装してみた

DAHON Curve D7のキックスタンドを黒く塗装してみた
DAHON Curve D7のキックスタンドを黒く塗装してみた
ようやく完成系に近づいてきたDAHON Curve D7(いい加減7速ではないのでD10と呼ぶべきか!?)やっぱり気になるところはシルバーの...

 

しかし、スタンドを蹴り上げておくことを忘れてクランクとぶつかり、塗装が剥げてしまう。塗装を塗り直す→クランクとぶつかり剥げる→塗り直す→剥げる→塗り……ああああああああ!!!という感じだったので、センターキックスタンド探しの旅にでた。

 

最適なキックスタンド探しの旅

センタースタンドで黒となると意外と種類が少ない。amazon.co.jpやセオサイクルなどで探しまわったのでキックスタンドに関してはかなり詳しくなってしまったw 

今回、興味を惹かれたが購入には至らなかったキックスタンドを幾つか取り上げてみると……

 

↑黒で軽量、ホローテックIIのBBに取り付けるタイプ。細身で格好良い。しかし、BBを痛めるらしいと聞いて結局止めた。

 

 

↑クイックリリースに取り付けるタイプで着脱式。カーボンで40gと劇的に軽い。外した時に忘れてしまいそうで止めたw

参考リンク→『ワンタッチ取り付け可能でロードバイクの重量増にもならない「UpStand」』(GIGAZINEより)

参考youtube→『『ロードバイク乗り必見!』「超軽量」「目立たないバイクスタンド」upstandを紹介するよヽ(*´∀`)ノ』(けんたさんより)

 

ところで、このyoutubeをアップしているけんたさんという方、面白いな!

 

購入したキックスタンド

DSC 1567

↑左が塗装したオリジナル、真ん中が20インチ用の純正、右が長さを調整できるやつね。

 

DSC 1570

↑長さを調整できるタイプは画期的だったが、重かった。

 

DSC 1569

↑20インチ用の純正は127gと軽かった。

 

問題は20インチ用を16インチのDAHON Curve D7で使用できるのかどうか。しかし、どのあたりが20インチ用なのかいまのところよくわからない。

 

DSC 1575 2

↑台座の大きさがちょっと違う?

 

DSC 1576 

↑気にしないでつけてみた、クランクとも干渉しないのでOK

 

結論

20インチ用スタンドでもDAHON Curve D7に利用可能!

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。走行性能には関係のないパーツなので少しでも軽いものを選びたいですよね。