DAHON Curve D7を最速にするSHIMANO Capreo(カプレオ)とは?

DAHON Curve D7をカスタマイズしたDAHON Curve D11は16インチ。ペダルをいくら回しても前に進まない。スピードが出ないのだ。チェーンリング53T、ギアトップ11Tでケイデンス90とペダルをシャカリキに回しても時速はせいぜい31km/hくらい(^-^;) 16インチでもスピードをだしたい……、そんな悩みを解決するアイテムがあるらしい。その名も……、

 

Capreo

 

というわけで今回はご存知?Capreo(カプレオ)にまつわる諸々についてまとめてみた。

 

スポンサーリンク

Capreoとは?

DSC 2283

Capreoとは天下のSHIMANOが小径車用に開発したコンポである。スプロケットの歯数をみると、

 

9-10-11-13-15-17-20-23-26

 

なんと、トップ側の歯数が9Tとなっている!!!普通のスプロケットは11Tが最小ギアである。11Tで回しているときは31km/h。そこから1段ギアをあげて10Tにいれると、34km/h!!!まるで界王拳!!

しかし、Capreoはさらに上のギアがある。9Tに入れると一気にスピードアップで、なんと


!!!!!37.8km/h!!!!!

 

まるで界王拳3倍!

 

Capreoさえあれば、ロードバイクと勝負をすることも可能だ!が、いろいろな問題を抱えている……。

 

Capreo導入の問題その1

10Tや9Tというギアを回し続けるのは足への負担が大きい。歯の大きさがほんの少し違うだけだが、後輪側の歯数の違いは大きく足への負担となる。本当に界王拳を使用した孫悟空と同じような感じになってしまう(^-^;)

対策としては、自分自身の筋力を鍛えるしかないw

 

Capreo導入の問題その2

Capreo専用の後輪ハブが必要。ハブはUltegraにしよう!とかはできない。Capreoの9Tを使うなら、Capreoのハブが必要である。専用ハブを使用するということはホイール交換となるのだった。

対策はない。金澤輪業などでCapreo互換の軽量ハブを製作しているようなので、それを使うという選択肢はあるが……。

 

Capreo導入の問題点その3

Capreo専用ハブは135mmである。つまりロードバイク規格でフレーム設計された130mmには対応しない。DAHON Curve D7は130mm(^-^;) ただし対応策はある。

橋輪さんではシャフトを変更したりして対応しているようだ。

また、金澤輪業では130mm用のカプレオ互換ハブも製作している模様。

 

Capreo導入の問題点その4

9Tは消耗が激しいはず。理屈で考えれば当然だが、チェーンと接する歯が9しかないということはそれだけ1つ1つの消耗が激しいはずだ。事実上9-26Tの交換は選択肢が1/1で全くない状況だ。ロー側のギアだけdura-ace 7700シリーズを使うというような軽量化(暗黒技研)もあるらしいが、肝心の9TはCapreoでなければならない。

 

Capreo導入の問題点その5

いろいろ述べたが、もっとも大きな問題点は9速であるということだ。暗黒技研さんはギアを1枚1枚削って11速化(Youtube)も達成しているようだが、普通はできない。9速でSTIを利用するとなるとコンポはSORAになる。上から5番目のグレード。105グレードに慣れている自分はSORAグレードに満足できるだろうか。

2015年よりTern Verge X18というCapreoのスプロケットをSORAで変速をしているモデルが登場した。200,000円近くするモデルだが、9速を変速するためにSORAが採用されている。このモデルは実験にちょうどいいw ということで、さっそく橋輪さんにある試乗車に乗せてもらった。

橋輪さんについては↓参照。

参考リンク→『DAHON Curve D7(2015年モデル)で4kmほど試乗してみた

結論。SORAの変速は硬い。105やUltegraのようにキビキビと変速をしてくれない。個体差もあるかもしれないと思い、DAHON Dash Altena(CapreoじゃないがSORAのSTI )でも試したがやはり変速時の硬さは変わらない。手が疲れてしまう。さらに、SORAは外側にでるシフトケーブルが触覚のようで、ダサくてマイナスだ。

橋輪さんのブログには5700シリーズの105でCapreoを変速させている記事がある。10速用のSTIで9速を動かすという荒技。しかし、直接この件について話を聞くと、あまりお勧めはできないとのことだった。

そりゃあそうだよな〜〜〜、と妙に納得してしまった。

フラットバーで9速を実現するのは本末転倒だし……。

SHIMANOが10速または11速版のCapreoを発売してくれるのを期待するしかないw 

 

まとめ

Capreo導入をすると

  • 界王拳3倍のような高速37.8km/hが実現出来る
  • 界王拳3倍のように足への負担
  • ハブが専用になる(金澤輪業などで互換ハブもある)
  • 135mmになる(金澤輪業で130mmの互換ハブあり、または橋輪さんで紹介されている改造をする)
  • 9Tの消耗が激しいことが予想される
  • なによりも9速を変速させるSTIがSORAである!

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。やっぱり使いたい9T!!!

【参考】DAHON Curve D7の究極カスタマイズ【新春妄想編】

DAHON Curve D7の究極カスタマイズ【新春妄想編】
DAHON Curve D7の究極カスタマイズ【新春妄想編】
年始の挨拶にかえて 2105年も始まったばかりでブログ界隈を漂っている人は私のようなカスタマイズ大好きな大バカばかりであろうw 「昨年はD...

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. yoiko2 より:

    シマノのカプレオハブはレースが鉄板をプレスした皿を使ってるので
    抵抗が多くトップギヤーでの巡航が苦痛になります。
    金輪ハブを買うのが良いと思いますよw

    • Kei より:

      yoiko2様

      コメントいただきありがとうございます。
      確かに金澤輪業さんのハブだと重量も軽くなるんですよね。色もいろいろとありそうですし。

      それよりもcapreo10/11速化を正式にして欲しいです。yoiko2様のように削ることは私にはできませんので。