困った時は街の自転車屋さん「believe」へ!【DAHON Curve D7後輪の異音解決編】

後輪ホイールからカラカラと音がする……、これは昨秋の落車事故からなんとなく気になっていた問題。いよいよ気になるので、北風が吹き荒れる中、自転車屋へ行くことにした。 

 

スポンサーリンク

ここまでの経緯

落車した

カラカラと音がする

気にしないでいた

いよいよ怪しいのでハブメンテナンス(グリス交換)

解決しないがあまり気にしないことにした

スポークのテンションを調整してみた(下手な横好き)

ホイールがグダグダになり明らかに振れている状態!

これはもうプロに見てもらうしかない!!

 

街の自転車屋さん「believe」さんにて

訪れたお店は『街の自転車屋さん「believe」』。とてもコミュニカティブな店長が迎えてくれる!!

本当に申し訳ないが閉店間際の深夜訪問。時計は7PMを回っていた。しかし対応してくれている笑顔は営業用スマイルではなく、本当に自転車が好きな様子が伝わってくる。

状況を一通り説明すると、

「あ〜、それはスポークが緩んでいるときの音ですね〜。いまから直しますよ」

と心強い一言。

修理中も私のおしゃべりに付き合ってくれる。

「150万円くらいする折りたたみ自転車、乗るとドキドキしちゃいますね〜」とかペラペラと話をしていると……、

「できましたよ♪」という嬉しい一言。

なんとビックリあれだけ不快だったカラカラ音が何処かに消えた!! ホイールを回すと音がしないのに乗車するとカラカラと音がする、そんなときはスポークテンションを疑えば良いみたいだ。

 

街の自転車屋さん「believe」とは?

P1060498

今回お世話になった『街の自転車屋さん「believe」』さんは千葉県浦安市に生まれたばかりのお店だ。テーブルなども置いてあり、コーヒーやお水が提供されたらカフェにいるような気分になる感じの店内。

店長の自転車に関する知識は豊富で、ママチャリ修理だけでなく、ロードバイクのメンテナンス、小径車のカスタマイズにもしっかりと対応してくれる。

家族で楽しむ自転車を奨励している様子もあり、家族向けの自転車雑誌(家族みんなでサイクリングしようみたいな感じ)が置いてあるのも好感度が高い。店内も油でギトギトしたような汚いということはない。リビングルームをそのまま自転車置き場にしたような感じだ。

いよいよ雑談が長くなってきたときに、女性がひとり駆け込んできた。「灯りがついていたから〜」と、白い息を吐きながら礼を述べている。どうやらパンク修理を依頼していたらしい。8時過ぎに自転車を回収できて嬉しそうだった。

自転車に関わる人に幸せを提供するお店、そんなお店に成長してくれると嬉しいと思いながら家路に着いた。

 

nekozane

↑笑顔で無料空気入れ ♪♪

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。街の自転車屋さん「believe」さんは旧江戸川サイクリングロードからすぐですよ。

街の自転車屋さん「believe」Facebook

街の自転車屋さん「believe」blog