DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング【冬はつとめて手賀沼編】

スポンサーリンク

早朝サイクリングをしよう!?

時刻は明け方の3:50……。今起きれば朝日を見ることができる。しかし、布団から出ることができない。寒すぎる……(-_-#) 日の出をよく撮影されているpcblueさんはどんな精神力なのだろう。その撮影技術も合わさって、私には辿り着けそうにない領域だ。

次に目覚めたのは6:00。もう既に朝日を見るのは不可能な時間。空は白んできている。それでも今日は早朝サイクリングと決めていたので、起きてコーヒーを一杯。

出発は7:00。まあ、私の精神力ならこの程度w 出発と同時に襲ってくる手足の指先が凍っているような感覚、自分はミイラになってしまうのではないか。

冬の朝日はギラギラとは程遠い。サラサラとした感じと言えば良いだろうか。その感じを言葉でうまく表現する方法を持ち合わせていない自分の言語能力を嘆く。

日が昇るにつれて少しずつ暖かくなっていく感覚、霜が少しずつじわりじわりと溶けていく感じ。それと同時に自分が抱えているストレスもじわりじわりと消えていく気がする。

DSC 0918

↑やはり早朝サイクリングに挑戦してよかった♫ しかし水蒸気の様子をうまく撮影できないな……。

 

手賀沼サイクリングロードにはほとんど人がいない。ほんの2週間前までは多くの人で賑わっていたのに今は閑散としている。まるで初詣後の神社のようだ。

DSC 0950

↑閑散としたサイクリングロードで撮影会w

20kmくらい走っただろうか。手賀カフェで朝ご飯。私がブログ記事にしたことを覚えていてくれたようで、しばし憩いの会話時間。出発のときには、わざわざ玄関先まで送迎されてしまった。しっかりと振り向いてお礼を返したかったが、恥ずかしくて無言でペダルを回す。

昔、枕草子で清少納言が書いていた。

冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。

雪が降っているときは本当にイヤで彼女に同意はできないが、早朝で霜が白くなっているのはたしかに興味深い。

帰りは柏駅から輪行して終了。早朝30kmのサイクリングだった。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。手賀カフェの記事は↓より。

【参考】DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング【手賀カフェ編】

DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング【手賀カフェ編】
DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング【手賀カフェ編】
三連休の東京は毎日雨……という最悪な予報だったが直前で予報がかわり、2日目から晴れ間が広がった!!   向かうは手賀沼!Dahon Curv...

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする