LifeLine USB High Power 300 Lumen Front Lightを試してみた

wiggleから商品が到着した!!!!!よってライトを早速充電して「どんな明るさか!?」と試してみた。

 

スポンサーリンク

LifeLine USB High Power 300 Lumen Front Lightとは?

今回紹介するライトはLifeLine USB High Power 300 Lumen Front Light。簡単にスペックをまとめると:

  1. LifeLineはwiggleのオリジナルブランドだから安い(はず)
  2. 軽量(公称50g)
  3. USBで充電するタイプ
  4. ゴム止めだから取り外し楽勝(盗難簡単)
  5. フルパワーだと60分でバッテリー切れ
  6. 300ルーメンの明るいライト

というスペックだ!早速それぞれを検証してみよう。

 

LifeLineはオリジナルブランドで安い?

LifeLineは自転車通販サイト老舗wiggleのオリジナルブランド。アクセサリを主に取り扱う。で、安いかというと……。

 

安くない(-_-#)。正直に言うと


DOSUN SF300と同じじゃんw

 

 

↑これ!amazon.co.jpで4581円なり(2014年12月現在)。

 

dosun.co.jpでスペックを改めて確認してみると……本当に同じw DOSUNよりLifeLineの方がなんとなく格好いい気がするがw

wiggleだと実物を見ることができない。DOSUN SF300を店頭で確認してから購入しても良いのでは?

また、値段はどちらも同じだが、wiggleはよくセールをするのでそれを狙って購入したら幸せになれるかも!?

 

軽量(公称50g)!?

こういう公称値はあてにならない。先日のPrimo Cometタイヤを購入したときもその差に驚いたばかり。で、実測。

 

DSC 0865 

↑重さはなんと48g!!ほぼ公称値。

 

USBで充電するタイプ

このモデルの最大メリットはUSB充電であること。フル充電まで2.5時間。USBポートさえあればいつでもフルパワーで利用することができるし、バッテリー残量を気にしなくてよい。

私の場合、電池だと日々明るさが落ちていくストレスがある。そして電池は重い。充電を忘れたときは単なる錘になるが、それでも充電タイプが好きだ。

 

DSC 0866 

↑後方のゴム製フタを外すとUSBポート登場、えっと……USB micro-Bが規格名かな?

 

ところが……、ケーブルが同梱されていません……(-_-#)

まあ、スマホなどで使われているものと同じだから一家に一本ありそうだが、もしUSB micro-Bケーブルがない場合は追加購入が必要です。

 

ゴム止めだから取り外し楽勝(盗難簡単)

読んで字のごとく、ネジ留めではないので用意に着脱できる。複数の自転車利用もしやすい。

このタイプの場合、自転車の振動で角度が変わってしまうことがある。ハンドルに装着して20kmほど走ってみたが、いまのところはしっかりと固定されている。

ただし着脱容易ということは盗難容易なので要注意。

 

フルパワーだと60分でバッテリー切れ

実は、300ルーメンのフルパワーで使用するのはちょっとわかりづらい。マニュアルにも書いてある通りだが、電源ボタン長押しをしない限りハイパワーにはならない。

このわかりづらい使用法は、おそらくバッテリーを気遣っていると思う。60分という短時間で切れてしまうので通常利用では選択しづらいハイパワーモードなのだろう。

 

DSC 0869 2 

↑マニュアルというかパッケージにdepress button and holdと記載あり。

ちなみにこのパッケージが唯一の同梱品だったw

 

300ルーメンの明るいライト

300ルーメンのハイパワーがどの程度の明るさかを実験してみた。

Lezyne Power Drive XLとの比較。Lezyneのライトは旧モデルで現在は取り扱いをしていないモデルとはいえ同じ300ルーメンの明るさを誇る!

 

DSC 0854

↑Lezyne Power Drive XL、ちなみに120gくらい

 

DSC 0856

↑LifeLine USB High Power 300 Lumen Front Light

 

同じ300ルーメンでも照射範囲に違いがある。Lezyneの方が前方を明るくしているが、LifeLineの方が広範囲を照らしている。

照射してわかった違いはデザインの違いで、LifeLifeは横からも光が見えるので安心度が高い。

なお、どちらのライトにしても300ルーメンは街頭のない夜道を走る最低限の明るさであると思う。

 

その他、大事なこと

もう少し使用してから……と思って取り付け後2日目の出来事。朝サイクリングをしていると……

 

カランッ…コロン!#

 

なんと走行中にライトが外れてしまった!!!!!

 

どうやら小さなネジ1つでゴム止めされているのが弱点のようだ。今後の利用に不安を抱かせる展開となってきた涙

 

DSC 0862

↑構成パーツが少ない。固定ネジが小さい

 

DSC 0863

↑こんな感じで留められている。

 

まとめ

300ルーメンといえども1時間だけの限定利用。2日目で落ちるという製品品質に不安を覚えるものである。もう少し利用してから結論を下したい。

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。夜道でライトなしだと私のように落車しますので気をつけて!

 

【2014年12月8日】

本記事でも触れた通り、突如ライトが外れてしまったらしい。気づいたらハンドルには留め具だけになっていた。ライト紛失なので返品もできないだろう涙

 

 

↑リンクは同等製品のDOSUN SF300です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする