DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング【荒川サイクリングロード右岸で秋ケ瀬公園編】

今日もDAHON Curve D11でサイクリング。走りながら考えた目的地は秋ヶ瀬公園。荒川サイクリングロードを北上することにした。

 

スポンサーリンク

荒川サイクリングロード右岸で秋ヶ瀬公園へ

DSC 9901

↑出発の平井大橋付近。ここまで自走で来たので、すでに20kmくらいw

 

DSC 9904

↑平井大橋。首都高速が常に見渡せる景色。いかにも都会のサイクリングロード。

 

いよいよ荒川サイクリングロードの右岸を北上!!!

ちなみに右岸、左岸の区別は河口を向いたときに右側か左側かで判別する。

 

DSC 9921

↑荒川サイクリングロード右岸は向かい風。全然前に進まない涙

 

DSC 9905

↑川沿いの公園?で記念写真。

 

IMG 0950

↑岩淵水門(隅田川と荒川が交わるところ)から隅田川をパシャリ。

やっと自然を走る雰囲気になってきた気がする。

IMG 0953

↑海から31.2km地点。はじめて河川敷上の道へとでるが……。

 

IMG 0954

↑武蔵野線の高架で突然、道が切れる。どこか途中で下に降りる必要があった模様……(-_-#)

 

IMG 0955

↑秋ヶ瀬橋で左岸へ移動する。

 

DSC 9926

↑ようやく秋ヶ瀬公園に到着。

 

園内は広いがお店が一切ない。みんな事前に買い物してから来ている様子。

 

海が見えない公園に違和感あり。

「え、なんで??」というオクサマの発言!!海ナシ県で育った人の感覚だろう。

公園=海浜公園が普通でしょ!

 

ワイズロード大宮店にて

その後はフラフラと走り、大宮駅へ。

 

Ysroad omiya

↑ワイズロード大宮店に寄り道。

 

お馴染みの青い看板もなくてなかなか見つけることができなかったが、やっと発見。ワイズロードの店員さんと会話。

 

「駐輪場はどこですか?」

ありませんので、そのへんに停めてカギをしてください。

 

なんと!自転車屋で駐輪場がないなんて……。

さて、店内。1Fは小径車を中心に扱っていてbromptonやBD-1が所狭しと並んでいる。もちろんDAHONも扱っていてオプションパーツも豊富にあった。

2Fはパーツやウェアやロードバイクなどなど。

価格設定が高くて、店員があれなのはワイズロードの文化なので気にしなければ小径車乗りにとって良店であろう。


きっと店員も私の自転車をみて興味津々だったと思われるw

 

いよいよ帰り道、DAHON Curve D7の輪行は余裕の5分!

繰り返し言いたい。

 

折り畳み自転車の魅力は帰り道を考えなくてもよいことだ!

 

ゴール地点さえ考えていれば復路のことを全く考慮しなくてもよいのだ。STIでドロップハンドルのDAHON Curve D7でも5分もあれば折り畳んで収納できる。

「輪行するときは先頭車両に乗りましょう……云々。」と言われたことがあるでしょう!?しかし16インチはコンパクト!その結果、


先頭車両に乗らなくても気軽に車内に入れる!!!

 

せいぜい、

「なんだか怪しい黒い袋をもっている人がいるな……。」

という感じ。

 

これがロードバイクだとまた60km近くの復路が待っている。60km=3時間とすると帰り道は夜になってしまう!ロードバイクでも輪行できるけれど、かさばるし分解するのは大変だ。

というわけで、「サイクリング→5分で折り畳み→電車で帰宅」という日帰り旅行をはじめてみませんか?


まとめ

折り畳み自転車は良い。復路を走ることを考える必要がないのは精神的に大きく楽。

ワイズロード大宮店は小径車乗りなら一度は訪れてみよう。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。小径車でも60kmくらいは余裕です。120km走る必要がないのも魅力です。

 

DAHON Curve D7は↓から購入できます、2014年モデルの在庫はわずか!?