DAHON Curve D7の2015年モデルが発表されたけれど2014年とは違うの?

DAHONからというかアキボウから2015年モデルが発表された……、正式に言うと展示会を専門店向けに発表されている。一部販売店のブログなどからその内容が明らかにされている。

Dahon logo

このブログとしては注目はやはりDAHON Curve D7 2015の内容。Presto SL復活を恐れていた?そしてCurveの終了にも脅えていたが2015年もCurveは継続販売である模様。写真などから違いを4点みつけたのでまとめたみた。

スポンサーリンク

DAHON Curve D7 2015の第一印象

色が変わっただけ。そしてそれが違いの1つ目。

 

ファイアーレッド(赤に白線)

オブシアンブラック(黒に白線)

クラウドホワイト(白に紫線)

 

の3パターンだったのが

 

ファイアーレッド(赤に黒線、たぶんUSモデルと同じ

マットブラック(黒に黒線、たぶんMu SLX 2014と同じ

ポリッシュ(白とみせかけてシルバーに黒線、たぶんMu SLX 2014と同じ

 

となった。黒線が増えたので全体的に重い印象の色合い。これを格好良いと捉えるかどうかは好みによる。自分はMu SLXみたいで高級感でたなぁ……と一瞬考えたが違和感を受けている。

特にファイアーレッドの赤黒はUSモデルで展開されていた色だと思われ、なんだか違和感のある組み合わせに感じている。

 

DAHON Curve D7の変更点2=クランク

クランクが黒に変わった……だけでなくチェーンリングが48T→52Tとなった模様。つまり、16インチでもスピードがでるという仕様だ!! 私のDAHON Curve D10 STI Specialが53T、ケイデンス90で30km/hで走るので、真似されたらしいw

 

DAHON Curve D7の変更点3=ホイールやシートポストやハンドルポストやサドル

まあ、つまるところ全体的に黒を多用している。まるで私の改造を模倣されたようでちょっと悔しくなってきたw

 

DAHON Curve D7の変更点4=値段

消費税の影響か!?それとも円安か!?62,000円→65,000円となった。以前は54,000円くらいだったことを考えると、ずいぶんと値上げされた(ぼったくられた感が強い)

 

DAHON Curve D7 2014年モデルと2015年モデルを比べてみた』につづく 

DAHON Curve D7 2014年モデルと2015年モデルを比べてみた
DAHON Curve D7 2014年モデルと2015年モデルを比べてみた
DAHON Curve D7の2015年モデルが販売店向けに発表されたらしい。前回の記事ではパッとみた印象を書いた。販売店からの発表を受け...

 

写真は橋輪さんのブログを参照してください。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。残暑がなくて初秋とはこれいかに!?日が落ちるのも早くなったのでお互い気をつけましょう! 

参考リンク→『DAHON Curve D7で夜道を走るとき気をつける3つのこと

自転車で夜道を走るとき気をつける3つのこと
自転車で夜道を走るとき気をつける3つのこと
もう当たり前過ぎる話だけれど夜は走らないほうがいい。明らかに視界が悪くなるので危険が増える。視界が悪いのは自分だけではなくて相手(ドライバー...

 

【2016年9月20日追記】

2016年モデルも発表されました。

折りたたみ自転車DAHON2017年度モデルの変更点がざっくりわかる!
折りたたみ自転車DAHON2017年度モデルの変更点がざっくりわかる!
  DAHONの2017年モデル、正確にはアキボウモデルの詳細が明らかになった。pdfファイルでカタログも紹介されているので、あらためて今...
【速報】2017年モデルのDAHON Curve D7は価格と色が変更!
【速報】2017年モデルのDAHON Curve D7は価格と色が変更!
8月31日に関係者向けに内覧会が行われ、いよいよDAHON2017年モデルの詳細が明らかになった! 「明らかになった!」と興奮気味に伝えた...