折りたたみ自転車をカスタマイズするけれどDURA-ACE、Ultegra、105どれを選べばいいの?【クランク&BB編】

折り畳み自転車をカスタマイズしようとする人(=風変わりな人)は意外にも多い。私みたいな風変わりな人が多い世の中なんですねw

今回は、愛車のDAHON Curve D7を11速にしてみた。そのときのパーツ選択の話をしたい!

 

スポンサーリンク

基本コンセプトは……

  • 16インチ305のコンパクト
  • ちゃんと折り畳み自転車
  • 軽量化10kg以下絶対
  • 11速化
  • やっぱり黒を基調とする

どのパーツを組み合わせるか、予算やデザインなどなど、いろいろと(楽しく)考えたw 事実上のコンポーネント総入れ替えだ(バカ)!!

私と同じように小径車を極限まで改造しようとするクレイジーな人たちへ送る記事!

今回はクランクとBB選び。

 

BBはDura-aceの1択!!

BBを変更するなら一番高級なDura-aceグレードを選びたい。理由は安いから。下位グレードと比べても値段差がほとんどない。

グレード

重量

費用

備考

SM-BB9000(Dura-ace) 65g 2,770円 サイズ小さい
SM-BBR60(Ultegra,105) 77g 1,976円 サイズ従来通り
SM-BB7900(旧Dura-ace) 88g 3,000円くらい 現在使用中

ただし、新型のSM-BB9000は寿命が短いとも言われている(暗黒技研さん)

 

BB購入時はサイズに注意。68mmと70mmが存在する。もし右側が逆ねじなら68mm(これをJIS規格という)、左右とも通常ねじなら70mm(イタリアン規格)。複雑でオタクな世界=自転車パーツ、

DAHON Curve D7の場合は右側がどうしても外れない逆ねじBBなので68mmでOK!

ほんと……はぁ。クランクとBB外すの大変だったよ……。皆も苦労しているよね!?

参考リンク→『DAHON Curve D7のクランク&BBを変更することになった(その1)

DAHON Curve D7のクランク&BBを変更することにした【その1:苦労のはじまり】
DAHON Curve D7のクランク&BBを変更することにした【その1:苦労のはじまり】
  先日装着したBig Appleの試走も兼ねて、DAHON Curve D7を購入したお店に行ってみた。相変わらずこの自転車の加速は素晴...

 

クランク選びの5つのポイント

なにを基準にしてクランクを選べばよいか?私なりのポイントは5つある。

1はデザインw

SHIMANOデザインがイヤ!というなら話はここまでだが……。私はultegraや105なら我慢できるwそれにカンパやカーボンクランクだと高価すぎる。Dura-aceのデザイン!?「ないない。」

 

2は軽さ

最近SHIMANOのクランクで話題なのは105。新型(5800シリーズ)と旧型(5700シリーズ)の写真を比較してみてほしい。

105 crank 5700vs5800

新型はチェーンリングを支えるアームが4本に減っている。その結果、軽量化をはかっているのだ!もちろん、この4アームのデザインは上位グレードDura-ace、Ultegraにも採用されている。新型、上位モデルだと軽いという認識でよさそうだ!

3はチェーンリングの大きさ

つまりギザギザの数。クランクのスペックでよく記載されているのが50-34Tとか53-39Tという数字。Tはteethの略でつまり歯。ギザギザの山の数はいくつあるかということ。53-39Tなら大きい方が53のギザギザがあって小さい方が39のギザギザということだ。

ギザギザが大きい方がペダルを回すときに重たくなるがスピードがでる。

53-39Tが標準だが、50-34Tはコンパクトクランクと呼ばれていて105の5800シリーズに多い。

ここは結構悩んだ。50-34Tにすれば、軽量化にも貢献する。しかし、50Tだとケイデンス90でも30km/hで走行することができなそうなので、結局のところ標準サイズの53-39Tを選ぶことにした。

4は長さ

軸からペダル軸までの長さもいろいろとある。

Crank length

↑赤い線のところ

170mmというのが標準だが、足の長さで前後する……らしいが、よくわからないので標準の170mmにすることにした爆

5は……!?

実は、現在Ultegra FC-6800のクランクを注文中だ!w なぜUltegraにしたか?

105は……!?おそらく自分の用途では105で十分。黒色も用意されている。値段は105=12,000円、Ultegra=19,000円と7,000円の開きがある。それでもUltegraにした。その理由は……。次の写真を見てほしい。

105 5800 crank behind

105は軽量化するために裏側が肉抜きされている=掃除が大変!!しかもダサい。しかも最近の入門ロードは105 5800 50-34Tを装備していることが多い!なんか心理的にイヤなんだよね〜(バカ)

ということでUltegra FC-6800が到着するのを首を長くして待っています!19,303円なり〜。(105の安さは考えないことにしている)

 

クランク選びのまとめ

  1. 格好いいかどうか
  2. 軽いかどうか
  3. ギザギザの数(チェーンリングサイズ)
  4. クランクの長さ
  5. 掃除しやすいかどうか

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。クランク到着編につづく!?……の予定だったが、ちょっと変更して、その2へつづく

SHIMANO/シマノ ULTEGRA/アルテグラ FC-6800 170mm/53X39T ギァークランクセット