【赤い直線ライトがあなたに安全を】GORIX(ゴリックス) レーザーテールライトのレビュー

気がつけば朝晩はすっかりと秋めいた。ということは


日が落ちるのが早い!

 

気がつけば帰り道は夜。。。なんてこともしばしば起こりうる。と思っていたら早速、今日は夜走行となってしまった。

ということは、以前に購入した後方ライトGORIXレーザーテールライトの性能を確かめる日がついに来た!!

 

スポンサーリンク

これで安全な夜間車道走行、GORIX(ゴリックス) レーザーテールライトはここが素晴らしい!

今回試したライトは明るく照らしてアピール!とはちょっと違ったコンセプト。まあ写真を見てほしい。

 

IMG 1301

↑一目瞭然

右後方に赤い線が出ていることに誰もが気づくだろう。赤線が光っていれば後方のドライバーが追い越しをするときに、この赤い線よりも外を走ってくれる=車間距離を取ってくれるということが期待される。

これを試すためだけに夜間走行はしたくなかったので実験が今日になった。

結果は。。。

 

見事にほぼ全ての車が大きく追い越しをしてくれる!!!

 

きっと

「怪しい光を放つ奴だ。関わるとめんどくさそうだから、大きく追い越してさっさと行こう」

と考えていただいたに違いないw

自転車は車道左側走行と言われても、多くのドライバーはあまり気にしてくれないので、このような装備は役に立つ。

これだけなら★5つなのだが。。。

 

GORIX(ゴリックス) レーザーテールライトの残念なところ

装着した写真を見てほしい。。。

IMG 1306

↑装着写真

いや。。。この長方形はダサい。なんとかならないか。。。

 

 

IMG 1303 

↑さらに重さは80g軽量化を目指す私としては痛い。

 

IMG 1308 2

↑最初の写真では左側の線はタイヤに遮られて出ていないが、自転車の中央に装着すれが左右両方に赤い光がみえる。

 

まとめ

夜は暗いからデザイン気にならないぜぇ!という人には本当にお薦めのライトです。。。私?ダサすぎて耐えられませんw

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。夜でも勇気を出して車道寄りを走りましょう。これについては以前の記事を参考にしてください。

千葉街道や成田街道でサイクリングするなら勇気を出してもう50cmだけ右を走ろう!
千葉街道や成田街道でサイクリングするなら勇気を出してもう50cmだけ右を走ろう!
サイクリングをするときは車道の左側を走るのは言うまでもない。しかし勇気を出してもう50cm右側、つまり車道センターライン寄りのほうが安心だ!...

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする