【変速が上手くいかなくて悩む私たちへ】プロから学んだリアD調整のコツ

実は 

【変速が上手くいかなくて悩む私たちへ】リアDの調整に4時間かけてやったことをまとめてみたw

【変速が上手くいかなくて悩む私たちへ】リアDの調整に4時間かけてやったことをまとめてみたw
【変速が上手くいかなくて悩む私たちへ】リアDの調整に4時間かけてやったことをまとめてみたw
どうも変速の調子が悪い。 走行中にカチャとギアを変えると、ガッチャンとギアが変わったり、ガチャガチャガチャ#!@$%^?!とチェーンが悲鳴を...

という記事を書いてからもリアDとの格闘は続いていた!w

もはや、暇人かバカでなければできないリアDの調整。しかし、帰省したとき、親戚チャリプロにこの悩みを相談してみると。。。


「SHIMANOのマニュアルに従うこと、そもそも最初のトップ設定でズレていると上手くいかない」

 

という主旨の助言をえた。最初が肝心ということね。

マニュアルには

「後方から見て、ガイドプーリーがトップギヤの外側の線の上にくるようにトップアジャストボルトを回して調整してください」

と記載があるが、「外側の線???」と意味がわからなかった。そこで親戚チャリプロに図解説明をしてもらった。

 

Rear d adjustment

↑赤い線がトップギヤのどこを通るか見てほしい

つまり、スプロケには厚みがあるのでその厚みの外側とプーリーを線上にするということ。

 

さっそく自宅に戻りドライバーで調整をすると。。。

おおお!!!今までの苦労が嘘のように変速が決まる!!!

やっぱりプロの経験値は素晴らしい!そして私もちょっとだけレベルアップしました!

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。まだ完璧なリアD調整はできていませんが、妥協も必要です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする