本当に痛くないのか?カーボンサドルを使ったのを数日間にわたってレポートしてみたよ♪

いきなりだが、1週間程前にカーボンサドルを購入した爆笑!!!ww 目指せ軽量化!

DAHON Curve D10 STI Specialは私が改造した折りたたみ自転車、詳しくは→DAHON Curve D10 STI Specialとは

適切なサドルについては→DAHON Curve D7にピッタリのサドル選び【その1検討編】 

 

スポンサーリンク

なぜカーボンサドル?

カーボンサドルなんてそもそも検討に入っていなかったのに。。。購入した理由はまさに!!↓

 

DSC 9007

↑重さは衝撃の94g!!

 

そう、軽さに誘惑されたんです!!

 

Tyrell純正274g→カーボン94gだから180gの減量達成!!!値段は5,000円くらいの格安サドル!まあ、「安物買いの銭失い」は覚悟の上だ。

このカーボンサドルを1週間くらい使用した体験レポート。個人差はあるが同じように軽さを求めている人の参考になればw

 

カーボンサドル体験1日目

20kmくらい走ってみた。

 

ガンッ、ボコン、ガンッ、ガンッ、ガンッ、ガンッ*&#$@!!!?!

 

乗り心地を頑張って文字で伝えようとするとこんな感じになる。

なんだかライディングポジションも変化した感じだ。骨盤をサドルに乗せるということを意識すると、心なしかいつもより後方よりのポジションになる。結果的にハンドルが遠く感じる。いろいろと調整をしても後半の8kmくらいは立ちコギを頻繁にする始末。

 

カーボンサドル体験2日目

15kmくらい走ってみた。

 

ガンッ、ボコン、ガンッ。。。という振動にも慣れた。しかしなんだかポジションに違和感がある。体調が悪いのかな!?とも思う。帰宅するとお尻になんとなく違和感がある。サドル合っていない!という事実は認めたくないw

 

カーボンサドル体験3日目

24kmくらい。「やっぱり無理でしたーーー!!痛いです!」という投稿をしようとしたが。。。ん?

ちょっと慣れたかな〜♪ それでも新川サイクリングロード、国道16号より北側のあたりを走るとボコボコと衝撃がきてやっぱりつらい!


カーボンサドル体験4日目

24kmくらい走った。向かい風が強くてサドルがどうのと言っている余裕なし!

帰宅後同じ悩みの人たちがいないかを探してみた。

筋金抜きライダーのブログ @ TORIAL』のTORIALさんも同様の報告をされている。たぶん同じサドルと思われる。

参考リンク:『フルカーボンサドル 中華カーボンサドルワイド型

他にサドルについては

おれが自転車だ!』 ilikesusiさんの『ロードバイクのサドルについて

登りたくないでござる!!!』ヘルクライマーとしさんの『カーボンサドル

 

カーボンサドル体験5日目

銚子まで100km走った。レーパンを履いてみよう!サドルにクッションがないならお尻にクッションを!ん??ん?衝撃がほぼなくなった!これならいける!。。。でも100km到着のころはサドルに座りたくなかった。

1. 100kmも走ればどんなサドルでも座りたくなくなるだろ!

2. いつもレーパン履けないし!!

レーパンなら大丈夫という収穫はあったが悩みは続く。

 

とりあえずのまとめ

94gの軽さをあきらめるか、お尻の痛みと戦うか、レーパンをはくか。もう少し検討を続ける。

 

【2016年6月20日追記】

その後はすぐに使うのをやめて、お蔵入りとなりましたw やはりカーボンサドルはレーパン履いていても辛い。フレームもカーボンなら違うかも!?

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。真夏の熱中症には本当に気をつけてください。

夏のサイクリングで意外に必要なもの3つ
夏のサイクリングで意外に必要なもの3つ
夏のサイクリングは一歩間違えれば熱中症でダウン。誰もが汗ダクダクでペダルを回している。ここでお水が必要、タオルが必要という話はするつもりはな...

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする