めざせ9kg!DAHON Curve D7をさらに軽量化するには

DAHON Curve D7はカスタマイズをされてDAHON Curve D10 STI Specialとなった。現在10.3kgくらい。さらに軽量化して9kgを切るために出来ることはなんだろうか。計画(妄想)してみた。

 

スポンサーリンク

1. ペダルを交換する

PD-A520はすでに5年近く使い続けているSPDペダルだ!5,000回くらいクリップ&アンクリップをしただろうか。

あるとき、工事車両を眺めながら走っていたら壁に激突をした。そのときの衝撃で左側が曲がっている。私も左腕に擦り傷を負った。

またあるとき、掃除中に分解をして戻らなくなってしまった。ネジがバネの力で飛んでいきそのまま行方不明。お店に修理してもらったがネジは転がっているもので代用した。あの親切なお店がなつかしい。

またまたあるとき、クリッピングがうまくできずに巷で言う「立ちコケ」をした。場所は幹線道路の右折車線のど真ん中w。。。いや。。。笑い事ではなかった。後ろに車がいたら死んでいたかもしれない。

 

DSC 8831

↑こうしてみると本当に思い出深いPD-A520

現在使用しているパーツでは最年長wこれをUltegraクラスのPD-A600に交換すると

PD-A520=315g

PD-A600=286g

なので29g、左右合わせて58gの軽量化となる。PD-A600は6,200円くらいするかな?

 

【2015年1月22日補足】 

315gとか286gというのはセット重量のようである。よって58gではなくて29gの軽量化だと思われるので訂正。

 

2. タイヤをPrimo Cometにする

回転部分の軽さは体感的に大きいのはSchwalbe Big AppleからSchwalbe Marathon Racerにしたときで経験済み。Primo Cometにすればさらに軽快に走ることが出来そうである。しかし、スリックタイヤであるのでオフロードを走るという現在の利点が失われてしまう。重さは片方で62gの軽量化、前後併せて124g、コストは6,500円くらいか。

参考リンク1:DAHON Curve D7にふさわしい16インチタイヤは?

参考リンク2:DAHON Curve D7のタイヤをSchwalbe Marathon Racerに変更してみた【その1装着編】

 

 

3. ハンドルを交換する

現在使用しているドロップハンドルは3TのERGONOVA PRO、260gくらいだと思われる。カーボン製に変更すればモデルにもよるが190gか!?

wiggleで3T – ErgoNova Team Carbonだと25,700円。。。さらにバーテープ巻き直し。。。

なお、25.4mmの日東にするメリットはあまりない。重くなるしステム交換の必要も出てくる。

 

 

4. サドルを交換する

最も簡単に、そして確実に軽量化できるのがサドル交換。現在はTyrell純正のサドルで274g。これをTIOGA ツインテールに交換する。(注:巷で偽ものが出ているスパイダーではない。)

TIOGAツインテールは200gくらいで12,000円である。74g軽量化できる。悪くはないが、実物をみたことがないサドルを買うのはちょっと勇気がいる。ネットでの評判は悪くないが。。。

 

 

5. クランクを交換する

Shimano 105は今春よりバージョンアップして5800シリーズとなった。11速化はとりあえずおいておくw クランクだけを交換してみよう。googleで確認してみるとデザイン変更により846gから746gになって100gくらい軽くなったようだ(チェーンリングの大きさに依存するが)。リスクとしてはチェーンラインがでるかどうかの不安がある。コストは14,000円くらいか!?

 

 

 

6. ネジを交換するw

なんだか末期的な気がする。Vブレーキ台座をチタン製にするとか。なぜかDAHON Curve D7のフレームは前輪用のVブレーキ台座交換はできないみたい。ネジ山が見当たらない。そこで後輪用だけを交換したとする。一本試しに外して計量してみると14g。ということはセットで28g。チタン製だとセットで15gくらいみたい。4,000円くらいかな?

 

その差は13g。。。ほとんど誤差だなw

 

まとめ

交換箇所

軽量化

費用

備考

ペダル

29g

6,200

ultegra

タイヤ

124g

6,500

オフロード行けない

ハンドル

70g

25,700

カーボン

サドル

74g

12,000

実物?

クランク

100g

14,000

チェーンライン!?

ネジ

13g

4,000

誤差

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。100g=10,000円以上の世界に突入してきたなw

 

【2015年1月24日追記】

めざせ9kg!DAHON Curve D7をさらに軽量化するには【その2】につづく

めざせ9kg!DAHON Curve D7をさらに軽量化するには【その2】
めざせ9kg!DAHON Curve D7をさらに軽量化するには【その2】
DAHON Curve D7を徹底改良してDAHON Curve D11というクレイジーな自転車にした。その結果、ペダルや輪行袋やライトも含...

コメント

  1. 船橋の人 より:

    BBにスペーサー挟む等をしない場合、シマノのダブル→ダブル、トリプル→トリプルでクランクを変える場合(ホローテック2同士)、原理的にチェーンラインは変動しないよ。(シマノの部品加工精度がクソだという話は聞いていないのでここでは精度は良いものとする。)

    もともとのフロントのチェーンリングって歯数いくつだったの?

    • Kei より:

      コメントありがとうございます。

      チェーンリングは105 5700を使用しているから53Tでした。もともとは48T。
      買ってみて実験してみるとおもいます。