DAHON Curve D7にドロップハンドルを搭載したけれど折りたたみ時間はなんと7分!

輪行することを想定してコンパクトな16インチを選んだDAHON Curve D10 STI Special。先日のサイクリングの帰りに組み立てする時間がどのくらいかを測ってみた。

 

 

IMG 1078  1

↑広々としたスペースで用意スタート。周りの目??。。。もう気にしないw

 

IMG 1080  1

↑肩ストラップとなっているヒモを外す。二カ所。これが慣れないと時間がかかってしまう。

 

IMG 1082  1 

↑ぐるぐるに巻いてバッグへ収納。

 

IMG 1084  1 

↑袋を取って小さく畳む。

 

IMG 1087  1

↑DAHON Curve D10 STI Specialが折りたたまれた状態。

 

IMG 1088  1 

↑フレームを展開。

 

IMG 1089  1 

↑シートポストを所定の高さへ。

 

IMG 1090  1 

↑ハンドルポストを立てる。

 

フラットバーならここで終了だがドロップハンドルなのでアーレンキーでハンドルを固定する必要がある。

 

IMG 1092

↑アーレンキーを取り出してハンドルの高さを調整する。

 

IMG 1096  1 

↑ここで終了!?にしないで各部がしっかりと固定されているかをチェックする。

 

IMG 1099 

↑ここで計測終了。

 

10:48はあまり速くない。ただし撮影しながらの計測時間。そこで次の日に同じことを撮影しないで実施したところ7:00くらいで終了した。7分ならまあまあかな!?

 

スポンサーリンク

まとめ

フラットバーなら5分くらい、ドロップハンドルを使っているDAHON Curve D10 STI Specialでも7分くらいで輪行準備ができる!

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。輪行すれば遠くの目的地までサイクリング→(ビール)→電車で帰宅ということもできますよ!

輪行がいかに便利かについては↓

折りたたみ自転車のDAHON Curve D7で関宿城まで行って学んだこと
折りたたみ自転車のDAHON Curve D7で関宿城まで行って学んだこと
先日は「DAHON Curve D7はゴール地点でビールを飲んでも大丈夫」という輪行の利点を記事にしたが、今日はまた1つ輪行の利点を見つけた...
折たたみ自転車DAHON Curve D7でサイクリングすればゴールはビールで乾杯!
折たたみ自転車DAHON Curve D7でサイクリングすればゴールはビールで乾杯!
なぜ折たたみ自転車がビールと合うのか!?それは今日のサイクリング記事を読んでくれ!!   ついにDAHON Curve D7ではじめてのサイ...