【突然走りたくなったときこそ折りたたみ自転車!】DAHON Curve D7で行く輪行サイクリング

夕方に江戸川→葛西臨海公園→荒川と下流域を走ってみた。。。と書く予定だったが昼間から江戸川→葛西臨海公園→荒川→隅田川→東京駅周辺と下流域を走ってみたw DAHON Curve D10 STI Specialで走るのが我慢できなかったのでw

 

スポンサーリンク

江戸川サイクリングロードにて

市川大橋からスタートをした。今日は右岸を進む。右岸は土手下を走るとオフロードがあるので要注意!土手上のほうが道が広くて走りやすい。江戸川で一時停止をして写真撮影をした。ミミズのようにひからびてしまいそうだ。

DSC 8847 

↑灼熱の太陽が照りつける江戸川サイクリングロード

 

DSC 8859 

↑海からの向かい風を乗り越えて、旧江戸川を抜けて葛西臨海公園に到着

 

IMG 1052 

↑サイクリング中に初めてソフトクリームを食した。溶ける前にあわててiPhoneで撮影

 

DSC 8869

↑元気をだして荒川サイクリングロードへ!!! 

 

葛西臨海公園で少し休んだら元気になったのか思わず荒川入口(中川入口)で感動した。やはり海は奇麗だ。海の輝きと川のせせらぎは治癒能力があると思う。

 

DSC 8883

↑感動的な東京湾とDAHON Curve D10 STI Special


荒川サイクリングロードにて

実は荒川サイクリングロード、通称、荒サイは走ったことがほとんどない。今日の経路はほとんどはじめて。いたるところに「徐行!」「徐行!」「事故あり!」みたいな掲示がある。よほど世間のサイクリストは飛ばして一般市民を危険な目に遭わせていると思われる。

私?クロスバイクにさらっと抜かれてショックを受けました。。。↓↓

 

DSC 8876

↑荒川河口付近にたくさん植えられていたこの花はなんというのだろう。

 

DSC 8891

↑大きな橋を超えて(たぶん荒川河口橋)

途中でハンガーノックにあったので補給をしてから東京駅へ。そして隅田川と街中を抜けて。。。

 

最後に

DSC 8924

↑GUINESSで終了w このビール少ないだろ!と言いたいくらいすぐに飲んでしまったw

都心部で快適に走ることができるのが折り畳み自転車、DAHON Curve D7をカスタマイズしたDAHON Curve D10 STI Specialの魅力だと思っている。写真を撮りながらの50km。そして自転車を畳んで電車で帰宅をした。

 

まとめ

折り畳み自転車の利点を改めて言いたい。「スタート地点とゴール地点は自宅とは限らない!」

 

IMG 1058

↑こんな風に自転車を畳んで帰宅。

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。輪行バッグは欠かせません。