DAHON Curve D7にふさわしい16インチタイヤは?

DAHON Curve D7にピッタリのタイヤはどれだろうか?

DSC_7585

このブログをはじめるまではBig Appleしかないと思っていた。よってすぐに導入した。

 

【参考】DAHON Curve D7のタイヤをSchwalbe Big Appleに変更した!

DAHON Curve D7のタイヤをSchwalbe Big Appleに変更した!
DAHON Curve D7のタイヤをSchwalbe Big Appleに変更した!
Schwalbe Big Appleが到着した!!amazon.co.jpなどで3,000円くらいで購入できる! もともとDAHON Cu...

 

先日もクロスカントリーみたいな下り坂で転びそうになるのを助けられた。しかし。。。

 

Big Apple重いです。

 

走行中は気にならないが、持ち上げるときなどにその重さに辟易してしまう。「よいしょ、うわ、重っ!」みたいな感じ。そこでDAHON Curve D7で利用できるタイヤをざっとまとめてみた。

 

スポンサーリンク

16インチタイヤ一覧

メーカー

製品名

タイヤ幅

重さ

備考

KENDA

K-West

40

356g

Curve D7 標準

Schwalbe

Big Apple

50

402g

安定◎、巡行◎、重い、リアDと干渉、チューブも+30g

Schwalbe

Marathon Racer

40

282g

安定◎

Primo

Comet

37

220g*

速そうだがパンク耐性?ちなみにPresto SL標準 

KENDA

KAMPAIGN

32

305g*

最も細いが割と重い

*はまだ所有していないので実測ではなくて公表値

 

305(HE)と349(WO)について

ここでKojakは?と思った人もいるかもしれないが、KojakはDAHON Curve D7には対応していない。DAHONで利用している16インチホイールは305というサイズ、HE規格というもの。BromptonやBike Friday tikitで採用されているのは349(WO規格)と呼ばれるもので一回り大きいのだ(通称17インチ)。同じ16インチホイールでも2種類ある。わかり辛い自転車業界w

 

で、Kojakは349(WO)しか作られていない。

 

ちなみにSchwalbe Durano、Schwalbe Ultremo ZX、Panaracer Minits Liteなどスピード系タイヤの16インチバージョンはない。

では、それぞれのタイヤについてまとめてみる。

 

Big Appleは?

改めて表をみて、まず目を引くのはBig Appleだろう。リムが見えなくなるような50mmの分厚いタイヤ!!!絶対パンクしなそう。安定味抜群!!その実力は今日までのサイクリングで体感している。でも重いんだ!!!輪行を想定して折り畳み自転車を購入しているので重いのは辛い。それに現在の状態だと、一番軽いギアにシフトしたときにリアDとタイヤが干渉してしまう。

 

Primo Cometは?

一方でPrimo Cometは最軽量だがパンク耐性は大丈夫だろうか。チューブも含めて前後合わせるとvs Big Appleで400g以上の軽量化が見込める。しかしこちらは試していない。いろいろと調べてみると、予想通り、「軽い」「オンロードでは良い」「パンク多い」というようなレビューが散見される。(例えばこちらのフォーラム

最後のパンクが多いのは困ったもので、メーカーもKevlarバージョンを発売した。これはタイヤ側面を厚くしてパンクしづらくしているみたい。実際「以前よりも固くて手でタイヤを曲げ辛い」といったレビューもある。メーカーもパンクしやすいのを認めたからこその改良版。

それなら改良版を購入と思うが、1,800円→3,000円と値上げされている。

 

【2015年3月17日追記】

実際の使用レポートはこちらから

DAHON Curve D7のタイヤをPrimo Cometにして50kmほど走ってみた【その2試走編】

DAHON Curve D7のタイヤをPrimo Cometに変更してみた【その1装着編】

 

Marathon Racerは?

間をとっているのはMarathon Racer。多くのレビューで好評なだけでなく、自分自身もCurve SLで利用しているタイヤ。これといった不満はない。無難な選択肢だ。

 

Kendaは?

KAMPAIGNというのは今回初めて知った。細いのは魅力的だが300gという重さなら無理して試してみる気にもなれない。今回はパス。

 

まとめると。。。

Primo Cometを購入して人柱になるべきか!??Big Appleを乗り続けるか?間をとってMarathon Racerにするか?つづく

 

 

今日もdahondego.comにお越しいただきありがとうございます。Big Apple軽いと良いんですが。。。

 

【2014年11月26日追記】

Primo Cometを購入してみた

参考リンク→『DAHON Curve D7のタイヤをPrimo Cometに変更してみた【その1装着編】

 

【2015年12月14日追記】

Kenda K-west 32-305を購入してみた

参考リンク→『DAHON Curve D7のタイヤをPrimo Cometに変更してみた【その1装着編】

 

 

コメント

  1. 船橋の人 より:

    シュワルベのタイヤは耐パンクの層がタイヤによって違うので明確に耐パンク性能に差があるはず。
    ビードをワイヤーからケブラーに変更したからといって耐パンク性能は変らんと思うよ。
    別のところできちんと設計変更を行って耐パンク性能のアップしてるか確認したほうがいいと思われる。(断面の比較みれれば一目瞭然なんだけどね。)

    業界的にケブラービード採用は単に梱包輸送保管のスペースの問題だと思う。
    ついでに重量も軽くなったヤッター的な。