DAHON Curve D7にSTIをつけてみた

実を言うと、DAHON Curve D7を購入したときからSTIを導入してドロップハンドルを使おうと思っていた!

ついにホイール到着で完成系に近づいてきたのだ!Shimano BR-R573というショートVブレーキを導入したのも後輪のハブをUletegra FH-6800にしたのも全てはこの布石である。

後輪のハブを変更するということは次のパーツ変更が必ず必要になる。スプロケット、ディレーラー、チェーン、STI、ドロップハンドル、シフトケーブル、ブレーキケーブル。つまりほとんどのパーツ変更となってしまうのだwもはや別の自転車。今回のパーツ構成は次のようになった。

 

スプロケット

Ultegra (6700) 11-25 10

自宅に在庫

ディレーラー

105 (5700)

自宅に在庫

チェーン

Ultegra (6700)

自宅に在庫

STI

105 (5600)

自宅に在庫

ドロップハンドル

3T

自宅に在庫

シフトケーブル

Shimano

購入

ブレーキケーブル

Shimano

購入

予算の関係もあり11速にするのは諦めた!家にある10速コンポでとりあえず組んでみたが、さっそく困難にぶつかる!

 

DSC_8082

↑なんと後輪ハブが入らない!!!

 

DSC_8086

↑フレーム精度が雑なのが原因みたいだ。なぞの出っ張りがあるので鉄ヤスリで削る必要があった。さすがmade in Chinaのフレームだ涙

 

DSC_8105 

↑なんとかフレームに後輪ホイールをはめることができた。

 

DSC_8096 

↑DAHON Curve D7はリアDのハンガーがフレームと分かれていないので自転車を倒してフレームが(リアDのハンガーが)曲がらないようにしなければいけない。

 

その後は順調にパーツを組み立て、なんとか組み上がった。DAHON Curve D7も最早DAHON Curve D10というべきか!?

 

DSC_8243

↑後はハンドルポストだけがシルバーなのがみっともないのでここのパーツを変えるといよいよ完成系。

 

 

今日もdahondego.comにお越し頂きありがとうございます。後少しで完成系だ。。。