DAHON Curve D7のホイール交換!!【その3試走編】

DAHON Curve D7のホイール交換の話、試走してみましたよ!というお話その3です♪

 

スポンサーリンク

ここまでの話

DAHON Curve D7を購入してサイクリングを楽しんでいたが、予想通りホイールの性能がダメすぎる。そこでホイールを交換することにしたが16インチ完組ホイールは市販されていないのでお店に頼んでつくってもらう。パーツの選択肢もないが、後輪ハブは悩んでUltegra FH-6800にして11速にも対応できるようにしたが。。。

DAHON Curve D7のホイール交換!!【その2後輪ハブ選択編】
DAHON Curve D7のホイール交換!!【その2後輪ハブ選択編】
ホイール交換した話の続きです♪ 前回は興奮のあまり、ホイールが到着した!という報告だけになってしまった。反省している。今回はオリジナルホ...
DAHON Curve D7のホイール交換!!【その1到着編】
DAHON Curve D7のホイール交換!!【その1到着編】
ついにGW前から注文をしていたDAHON Curve D7用のホイールが届いた。やったーーーーー!!! ↑待ちに待ったオリジナルホイール ...

 

クビを長〜〜〜くして待つホイール

ホイールなかなか完成しないんですけれど。。。涙 いやホイール組むのが面倒なのは知っていますよw だから自分では出来ないと思ってお店に依頼したわけだし。GWなるものがあってお店が忙しいのも知っていますよ。それに前輪ハブもちょっとこだわって黒のアルマイト塗装をお願いしたから遅くなっているのも知っています。でも。。。


4月20日注文→5月24日完成って遅すぎるだろう!!!

 

もし105 5800シリーズが発売されていたらキレてしまったかもしれないよw

でも5月24日12:46に「完成しましたー!」というメールをもらったときは飛び上がるほど嬉しくて夕方にはピックアップに行ってしまったw 26,000円くらい支払い!そしてDAHON Curve D7のホイール交換!!【その1到着編】と興奮のあまりブログ記事を書いてしまったw

 

試走してみました

image

↑さっそくDAHON Curve D7に装着して試走!

 

いやぁ〜〜やっぱり自転車はこうでないとね。ニヤリ。転がりよくてちょっとペダルを踏んだだけで後は慣性の法則に従って永遠に転がっていきそうです。本当にとても良い買い物をしましたよ。

今までのホイールだと「ペダルを漕ぐのを止める」→「クルクルヒューン」と自転車が止まる。

新しいホイールだと「ペダルを漕ぐのを止める」→「クルクルーーーーーーーーーーー」と進み続けるって感じです♪

 

さすが、American Classic(前輪)、Ultegra6800(後輪)。ハブの性能大事だなぁ〜。どうせならDURA-ACEのハブを使えばよかったよw

 

最後に

あれ?DAHON Curve D7は7速用のシフター、Ultegraのハブということは10/11速なはず。どうやって変速しているの??と思った人はとても鋭いです。実は、ホイール変更と同時にオーバーホールに近い大幅な変更をしました。

 

つづきは↓

DAHON Curve D7にSTIをつけてみた
DAHON Curve D7にSTIをつけてみた
実を言うと、DAHON Curve D7を購入したときからSTIを導入してドロップハンドルを使おうと思っていた! ついにホイール到着で完成系...

 

 

今日もdahondego.comにご訪問いただきありがとうございます。ホイール到着していよいよ完成系に近づいてきました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする