DAHON Curve D7にピッタリのサドル選び【その1検討編】

DAHON Curve D7に最も似合うサドルはどれだろうか?

 

スポンサーリンク

ズバリ、サドルを選ぶポイントは

  1. 重量!
  2. 格好よさ!!
  3. 安さ!!!

 

の3つである!!サドルの形が自分のお尻に合うのを求めてウンヌンカンヌン。。。というのは多くの諸先輩ブログを参考にしてほしい。そして究極的には個人差というところに落ち着くのでそれ以外の要素で検討をしたい。よって「快適さ」ということについてはここでは触れない

 

DAHON Curve D7標準サドル

まずはDAHON Curve D7に標準でついているサドル。これは論外。重い。とにかく重い。DAHONは輪行目的で使っているので少しでも軽いものを選びたいのだ!走っているときに意識するかどうか(軽いとダンシングしやすいらしい)はさておいて運ぶときは1gでも軽いほうが正義なのだ!色も黒を基調にする予定なので白は却下。まあ標準でコストがかかっていない点だけが○だw

 

<pDahoncurved7 384>

↑重すぎる標準サドル。5つ星最大で評価すると、重量=★、格好=★、安さ=★★★★★、合計=7/15

 

Tyrell標準サドル

DAHON Curve D7標準が余りにもダメなので、自宅に転がっていたTyrell標準サドルをつけている。重さはまあまあの274g。格好よさは新品なら黒くてgoodだが、すでに年季が入っているので所々に傷がある。まあ、これを基準にして他のサドルを選んでみよう。

 

DSC 7370 

↑今までお世話になったTyrell標準サドル。重量=★★★、格好=★★、安さ=★★★★★、合計=10/15

 

インターネットで彷徨うこと3週間、お店で物色すること数回。やっと候補がいくつか絞れてきた。

 

Fizi:k ARDEA

実は真っ先に考えたブランド。格好いいからw ただし、予算に見合ったサドルを店頭在庫で見つけることが出来ない。本当は即決でこのサドルにするつもりだったが、いろいろと悩んでいるうちに他の候補も浮上してきた。

 

 ↑広告です。実売7500円くらい。ARDEA悪くないんだが。。。重量264g=★★★、格好=★★★★、安さ=★★★★、合計=11/15

 

TIOGA スパイダーツインテール

いろいろと驚きのサドル。スパイダーという名前のとおり、サドルが蜘蛛の巣のようになっている。それが上手くしなって乗り心地の良さと軽量化に大きく貢献しているらしい。重量は驚きの140g!!!最初は「ださ!」と思ったが、そのうち慣れてくると魅力的に見えてくるw もうこれに決めたぜ!と思ったのだが。。。

 

なんとインターネットでは5,000円くらいで扱っているものは偽物らしい。

 

偽物は見た目そっくりだが質が悪いようだ。偽物チェックをするサイトもある。新品だと13,000円くらいなので値段はギリギリか。。。

無事に本物を購入したとしても「転んだら割れてしまう」という情報もある。転ばないから大丈夫!??いやいや、転ばなくても駐輪中に風で倒れてしまう輪行中にぶつけるということが絶対に起こる!!自分は不注意な人間だ。

さらに、雨が降ると困る。ウォッシュレットに座っているかのごとく、ズボンがびしょ濡れになることが容易に想像される。雨の日は乗らない?いやそうだけれど、こないだ関宿に行ったときは途中で霧雨にちょっと捕まったりした。最近の異常気象でどうしても濡れてしまうことがあるのだ。

 

 

TIOGA ツインテール

スパイダーじゃないモデルもある。こちらはスパイダーほど挑戦的なデザインではないが、それでも十分な軽さとコストパフォーマンスの良さを発揮している!いいんじゃないか!?スパイダーと同じ理由で穴が気になるけれどこのくらいなら大丈夫かなあ!?かなり格好いいように見えるが実物を見たことがない。

 

 

Dash Cycles F.5

Dash Cycles。このサドルの情報をネットで見つけたときは絶句した。。。格好いいし軽い。軽すぎる。56gとかってありえないだろう。興奮気味にwebを読んでいくと、オーダーメイドで制作をしているらしい。嫌な予感が。。。やっぱり!!、US$555!!!あの。。。50,000円以上もサドルに払えません涙

Dash+Cycles+ +F5+ +1

↑いつかはDash Cycles、画像はwebよりコピーさせていただきました。。。重量56g=★★★★★、格好=★★★★★、安さ=★、合計=11/15

 

San Marco ASPIDE RACING

やっぱりサドルの格好よさを基準にみていくとイタリアブランドになってしまう。このモデルもコスパはかなり◎、ここで紹介している中では格安の7,000円以下。ただ白い線がなんかいやだなあ。。。

 

 

まとめると。。。

さあ、どれにしよう。

 

つづきはこちら→『DAHON Curve D7にピッタリのサドル選び【その2カーボンサドルに誘惑される編】

 

今日もdahondego.comにお越し頂きありがとうございます。というわけでサドル選びの悩みはつづきます。

 

追記

突然ですがサドルを変更しましたw→『DAHON Curve D7にピッタリのサドル選び【その2カーボンサドルに誘惑される編】

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする