ブレーキは命綱!DAHON Curve D7のVブレーキをSHIMANO BR-R573に変更したよ!

amazon.co.jpで注文していたブレーキSHIMANO BR-R573が到着した。前後それぞれ別売りで合計10,000円ほど。2つは同じものに見える。ま、いいか。色は黒を選択。フレームに併せた。

というわけで、DAHON Curve D7に早速、装着したので簡単にレビュー。

 

スポンサーリンク

SHIMANO BR-R573とは

BR-R573はいわゆるショートVブレーキといわれるタイプ。質は105グレード(らしい)。

 

DSC 7368

↑BR-R573の長さは90mm、オリジナルは100mmぽいので10mm(=1cm)の差がある。

 

短いということはブレーキの引き量がかわるので調整する必要がある。ごちょごちょとワイヤーを貼り直し。。。

ブレーキテンション調整のためにナットの順番を返る必要があった。

 

DSC 7379  1

↑写真の左から2番目と右から3番目を交換。(縦になっていて赤丸のやつね)

 

DSC 7384 

↑ブレーキケーブルを通す金具が通らなかったので鉄ヤスリで削った。

そして完成!だいたい30分くらいかな。しかし、完成してから箱の中に専用パーツが入っていることを発見したw もう面倒なので今度ワイヤーを貼り直すときに取り付けることにする。

さっそく試走してみるとなかなかの剛性感、明らかにブレーキの効きが違うぜぃ!!!。。。。というのは実は嘘でプラシーボ効果だと思う。オリジナルのブレーキでもちゃんと止まっていたので、性能差を著しく感じることはなかったw ちょっとたわまないかな〜というぐらい。ほとんど違いがわからない。雨の日に走ったり、急坂をハイスピードで降りたりすると違うかもしれない。

最も大きな変化はやっぱり見た目でしょう!黒フレームに黒ブレーキで引き締まった感じ。さすが105グレード!格好いいぜい!試していないし店頭で見たこともないのでわからないが値段が半分くらいのSORAグレードBR-R353でも良いかもしれないと思うが、ブレーキにケチるのはよくないと思う。

今回もっともショックだったのは。。。

 

DSC 7363 

↑SHIMANO BR-R573 170g

 

DSC 7365

↑純正品 160g

 

まさかの+10g、前後で+20g増量。。。

短くなるから軽くなると思っていたがなんと。。。その分剛性アップなのだろう。

 

DSC 7389

↑実は心配していたタイヤ(Big Apple)との干渉もなくてよかった。

 

まとめ

  • しっかりと制御されるショートVブレーキ。劇的な違いはない。
  • 見た目は黒で格好いいと信じている。
  • まさかの重量アップ。片方170g。

 

【2014年5月4日追記】。。。と思っていたがちょっと印象が変わった。→つづきはこちら