DAHON Curve D7のクランク&BBを変更することにした【その2:右側が外れないんですが】

「すでに持っている53Tを試してチェーンラインを確認してみては?」

という店員のアドバイスに従い、クランク&BBを交換することになったのは前回までの話

DAHON Curve D7のクランク&BBを変更することにした【その1:苦労のはじまり】

DAHON Curve D7のクランク&BBを変更することにした【その1:苦労のはじまり】
DAHON Curve D7のクランク&BBを変更することにした【その1:苦労のはじまり】
  先日装着したBig Appleの試走も兼ねて、DAHON Curve D7を購入したお店に行ってみた。相変わらずこの自転車の加速は素晴...
スポンサーリンク

作業開始したけれど…

さっそく工具を取り出してCurve D7のクランク取り外しをはじめる。『のぶの散在日誌』さんなどを参考にさせていただきながら作業開始!

DSC 7306

↑左側クランクのキャップをマイナスドライバーで外し、15mmのボルトをBIKE HAND(バイクハンド) YC-161 ペダル/BOXレンチで外す。

DSC 7307

↑クランク抜きの工具(BIKE HAND YC-216C)をはめてスパナで回すと無事にクランクが外れた。

DSC 7311

↑問題はBB外し。専用工具がなくても外れるとの記事(『のぶの散在日誌』)を参考にマイナスドライバーをあててハンマーで叩く。叩く。叩く。。。なんとか外れる。ここでの注意は左回りで緩くなるということ。いわゆる普通のネジと同じ。

写真を撮りながらの作業でもあり、ここまでで20分ほどを要した。

問題は右側のBBである。右側の注意点は右回りで緩くなるということ。そしてとても固いので外すときに怪我をしないように注意すること。『のぶの散在日誌』さんで紹介されているような工具は制作ができなかった。

DSC 7313

↑よって、スパナをあててハンマーで叩く。叩く。叩く。。。びくともしない。叩いても押しても引いても全く反応がない。。。格闘すること90分。

DSC 7317

↑やっぱり外れない。。。涙

専用工具(ParkTool(パークツール) ヘッドスパナ HCW-4は2,000円以上するようだ。お店に持っていけば工賃は5,000円くらいか。どうしよう。。。つづく

スポンサーリンク

シェアする

フォローする